Coming out !

20歳の誕生日は名古屋で迎えました!
たくさんの誕生日メッセージをありがとうございました。

f:id:westjapan223:20170827234710j:plain

20歳になったのを機に、自分の今の考え方や活動に至る原点について発信していこうと思います。

この夏休み、「人の多様性」について知りたいと考えて、いろんな人のところを訪ねてきました。

夏休み開始直後の北海道滞在に始まり、先週は「三河ダルク」を訪問させていただきました。素敵な出会いをありがとうございました!

f:id:westjapan223:20170827235134j:plain

 

でもそもそも、発達・知的障害をはじめ、多様なパーソナリティーの問題に僕がここまで興味を持ったのはなぜでしょう?

端的に言ってしまえば、

 

 

「自分が発達障害の当事者であるから」

 

 

 

昨年、発達障害自閉症スペクトラム」のうちの一つ「アスペルガー症候群」と診断されました。

アスペルガー症候群とは、コミュニケーション能力や対人関係能力に遅れが出る発達障害の一つです。
僕の場合だと、場の空気を視覚的に読み取って臨機応変に行動するのは極端に苦手だったり、いくつかの動作が合わさった複雑な動作はどれだけ目の前で手本を見せられてもうまくできなかったり、指示が出ている最中に早合点して失敗したりします。

一方で、興味を持ったことに対しては大量の情報を暗記・処理したりすることもできます。僕の場合、それが如実に表れているのはやはり鉄道や社会(地理)に関する分野でしょう。
通学で利用する(していた)東急や名鉄をはじめ、帰省でしばしば利用する東海道本線中央本線はすべての駅名を覚えています。
また、現在通学で利用している横浜の東急日吉駅では、2階の改札で電車の音を聞くだけで1階のホームに直通している会社のどの種類の車両が来たのか分かります。
(このような極端な「得意」と「苦手」はよく「発達のでこぼこ」と表現されたりもします)

f:id:westjapan223:20170827235302j:plain f:id:westjapan223:20170827235354j:plain

f:id:westjapan223:20170827235310j:plain

 

さらに詳しく知りたい方はこちらも「LITALICO発達ナビ」
https://h-navi.jp/column/article/136

 

 

診断を受けてからの自分自身の心境の変化については長くなるのでここでは省きますが、ともかく今、考えてることを超シンプルに言うと「発達障害はマイナスなことではない。発達障害だからこそできることだってある、人の多様性はすなわち可能性だ!」ということです。

発達障害」と聞くとどうしてもタブー視されたり、マイナスイメージを持たれたりすることも多いと思います。(自分も少し前まではそうでした)

しかし、「発達にでこぼこがある」ということは、そのプラスの面にフォーカスすれば他人以上のポテンシャルがあるということでもありますし、独特な原体験そのものがこの社会において強みになる、そんなふうに考えることもできると思います。

 

その具体例や現実を学ぶべく、春から

 

「東京TSネット」の勉強会に参加させていただいたり、

f:id:westjapan223:20170827235519j:plain

「共働学舎新得農場」や「浦河べてるの家」などの施設を訪問させていただいたり、

f:id:westjapan223:20170805122824j:plain

 

また「当事者」になってからの自分の考えを発信するべく、
「TEDx」オーディションなどの場でプレゼンをしたりしてきました。

f:id:westjapan223:20170827235747j:plain

 

 

僕にとってはこれらの活動が「他者を知る」と同時に「己を知る」ということでもあります。

 

人の個性は人の数だけあるし、どんな人にだって苦手なことはあります。僕の場合はそこがやや過度だったために社会生活の一部(診断を受けるきっかけになったのはバイト、経緯はまた詳しく書きます)で支障をきたしてしまったのであって、そもそも「定型発達」って果たして何なんでしょう?と言っても過言ではないと思います。

そして、いろんな施設で医学的な「病名」にとらわれずに「人」そのものに向き合っている姿を見て、診断を受けてみたり病名で括ったりするのは簡単だけど本質的ではないし、その人にとって最善な道を探ったり、可能性を引き出したりするには目の前の「人」単位で考えることがすごく大事だなと。

f:id:westjapan223:20170805122742j:plain

 

今日はこの辺で。これからこのテーマをメインにブログを書いていこうと思います。
少しでもこの問題について身近に感じていただくきっかけになったら幸いです。


では、おやすみなさい!